三囲神社より北へ、約100メートル程行くと、

七福神の1つ、布袋尊(ほていそん)を

祀ってある弘福寺があります。

 

この寺は、黄檗(おうばく)宗大本山、

宇治の黄檗山萬福寺の末寺で、

同宗の名僧鉄牛(てつぎゅう)和尚により

延宝2年(1673年)に、創建されました。

同じ禅宗の中でも最も中国色の強い宗派で、

その建築も重層の屋根、

大棟の宝珠、鴟尾(しび)、

廂(ひさし)の蛇腹天井(じゃばらてんじょう)、

細棧の扉、両翼の円窓、

堂前の月台、柱にかかる聯額(れんがく)などを

持つ中国風の特色の多い寺院です。

 

境内右手の小祠には咳の爺婆尊(じじばばそん)の

石像を祀ってあります。

この像は寛永年間(1624~44年)に、

風外(ふうがい)和尚が真鶴山中で修業中に、

父母に孝養を尽せぬことをいたんで

刻んだものと伝えられます。

後に、弘福寺に移されました。

風外和尚の両親の像だから風邪にも強かろうと、

爺像は喉頭の病に、婆像は咳止めにご利益あると、

今でも風邪除けの信仰を集めています。

 

江戸末期の儒者池田冠山の墓碑など、

著名な墓も多くあります。

開山当時より江戸中にきこえた名寺で、

現在でも向島きっての名所となっています。

佐原菊塢の百花園に集う文人墨客らは、

禅宗に関わりの深い布袋和尚木像が本堂に

祀られていることに注目し、

隅田川七福神のひとつとしました。

寺卍

03-3622-4889

布袋

 

布袋尊は、中国の唐の時代の禅僧で、

その名を契此(けいし)といい、

七福神の中ではただ一人の実在した方です。

額が広くてお腹は大きく、

いつも杖と大きな布袋を持ち歩き、

物を貰えばそれをこの袋に入れて貯え、

因る人がいると、その中から取り出して施し、

しかもなくなることがなかったといわれています。

そのため後には発財菩薩といわれ、

弥勒菩薩(みろくぼさつ)の再来ともいわれ、

世の人々からうやまわれ信仰されました。

 

無邪気で欲がなく、おおらかな性格と

あわせて子供達から人気があり、

幸せを願う世の人の共感を誘い、

七福神の仲間入りをしたものと思われます。

この世の幸福とは、

金銭欲や物欲を満足させることだけではない、

ということを教えてくれる神様といえましょう。

​©2021 隅田川七福神  

​ー隅田川七福会ー